結婚式のお呼ばれコーデを上品にみせるコツ

結婚式のお呼ばれコーデを上品にみせるコツ

華やかな印象を与える結婚式は、ただオシャレに見せるだけでは足りません。ある程度オフィシャルな場所なので、きちんとした雰囲気に仕上げることは大切です。

結婚式でよく使う、透け感のある生地は、あまりにも安いものを選んでいると、一回ですぐにダメになったりペラペラに見えてしまうこともあります。ポイントをおさえて上手に着こなしてあげましょう。

色の選び方は大切

結婚式

結婚式のお呼ばれコーデでまず注意したいのは、真っ白なカラーにはしないという点です。白は花嫁が身につけることが多いため、少し色を加えたコーディネートにしましょう。

黒だけのコーデにすると、印象が悪くなったり、華やかな式にはそぐわない場合もあるので、少し明るめのパステルカラーを取り入れるのが一番賢い方法です。

透け感のあるストールでグラマラスにみせる

結婚式

結婚式のドレスやワンピースは、ノースリーブのものや薄手のものも多いので、ストールを上手に合わせるのがコツです。しっかりとした生地のストールもコーディネートによっては素敵ですが、透けている生地のストールを選ぶと、下のドレスも見えて華やかなイメージを与えられます。

ノースリーブ×ストールが女性らしい

普段は、きっちりとしたスーツやカジュアルなTシャツコーデで腕を隠す方も、結婚式という日常とは離れた場所では、思い切ってノースリーブで華奢で女性らしいコーディネートに挑戦してみるのも素敵です。生で腕を出すのは恥ずかしいという方でも、ストールを加えることで、気軽に挑戦できます。

結婚式のドレスの丈はどれくらいが正解?

結婚式

せっかくのドレスコーデは、ミニ丈のものを選びたくなるのが乙女心ですよね。でも、きちんとした式で露出を多くするのはNGです。短くても膝よりちょっと上くらいに止めるのがベターでしょう。

ストールと合わせるコサージュの選び方

透け感のあるストールには、コサージュをつけることで華やかで目をひくコーデに仕上げられます。くっきりと濃いめのコサージュなら、インパクトもありますが、女性らしく結婚式の雰囲気に合わせたいなら、こぶし大の淡めカラーのコサージュを選ぶのが正解です。

結婚式のコーデは、ただ素敵なドレスを着るだけでなく、きちんとしていること、露出を避けること、花嫁と色かぶりしないことなどが大切なポイントになります。参加する式のテイストを前もってわかっておくと、上手にコーディネートできますね。