大判ストールのオシャレ巻きアレンジ

大判ストールのオシャレ巻きアレンジ

オシャレにストールやマフラーを巻けると、大判ストールを毎日つけるのが楽しみになります。いろんな巻き方をマスターして、マンネリ化しないコーデを一つのアイテムで楽しみましょう。

ストール一つで、オシャレに見せたり、華やかさを出したり、落ち着いた雰囲気を出すことができます。防寒具としても、膝掛けとしても、アクセントとしても使える便利なアイテムです

華やかに見せるリボン巻き

首にストールをかけ、どちら側かが長くなるようにフロントに垂らします。長い方を三つ折りにして、首の前に持ってきて、短い方で下から上に巻きつけます。首の正面やサイドに大きなリボンがあるように見えるリボン巻きは、ガーリーな印象に見せてくれます。

フロントで結んでカーディガン風

大判ストール

大判ストールを広げて肩にかけ、フロント部分で両端を結んであげるだけの簡単コーデです。ストールのあたたかみを全身で感じることができる上に、まるでカーディガンのように使えて、アウター要らずです。

ブローチで留めてエレガントに

カーディガン風にするのは同じですが、フロントを結ばずにブローチで留めてあげるだけで、高級感のある上品な印象が増し加わります。大きめの大人っぽいブローチを選ぶのが、ポイントです

あまりにも重みのあるブローチだと、ストールに穴が開いてしまう場合があるので、コンパクトなサイズのものや、軽いものを選んであげると、ストールが長持ちします。

片掛けでセレブ風

ストールを縦に折り、首に巻いて一方の端をフロントに、もう一方の端を同じ肩のバックに垂らす方法です。あえて、片側の肩にストールのボリュームを持って来ることで、こなれた感を演出できます。一気にオシャレな印象に仕上がる簡単アレンジです。

ボリューミーなプレッツェル巻き

大判ストール

複雑な見た目とは裏腹にとても簡単でチャレンジしやすい巻き方です。首にぐるりと巻いて、首に巻いて輪になっているストールに、片端の端の途中を輪にしてをくぐらせます。くぐらせた時にできる輪に反対側のストールの端を通して、ネクタイのように下に引っ張れば完成です。

ただ首に巻くだけでなく、簡単なアレンジや巻き方を覚えておくと、一枚で色々なコーディネートを楽しめます。巻き方を変えるだけで、同じ服でも違った表情に見せることができます。シンプルなコーデもこだわった風に見えるので、挑戦してみてくださいね。

大判ストール